看護師 復職

看護師 復職 研修

結婚、子育て、家事や介護などの理由で何年も看護の現場を離れてしまうとそれまでの経験や注射、点滴などの医療技術、知識などもブランクの期間とともに疎くなってしまいます。

 

時間ができたので、看護の仕事に復帰したいと思うも、命に関わる仕事でけにブランクからくる不安でなかなか決心がつかない方のおられると思います。
そんな方の為に復職研修のある求人を紹介するサイトなどを紹介いたします。

 

まずは、安心して復職できる職場、希望する条件が揃った職場をを探す為に、求人サイトに登録しましょう。
自分の足で、探すのも悪くはありませんが、ひとりでできることに限界があります。
求人サイトに登録すれば、何千何万という看護師求人の案件から選ぶことができます。
さらに、求人情報の表に出てこない、非公開求人も閲覧する事もできます。
実は、条件の良い案件ほど非公開になっていることが多くあります。
それは、条件の良い案件ほど応募が殺到します。それを避けるために非公開にするからです。
求人サイトなら、希望の求人情報を無料でさがしてもらえます。復職の日程調整や「断りずらい辞退」も代理で対応してもらえます。
それに、担当のコンサルタントがついて、親身になって条件の合う職場の求人を斡旋してもらえます。

 

看護師の復職の第一歩は、求人サイトの登録から始めることをおすすめします。
   転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

 

 

看護師 復職 人気ランキング

 

1位 看護roo!

看護roo!の公式サイトへ

★病院の内部情報を事前にたっぷり提供あり
★退職交渉・給与アップ交渉のサポートもあり
★「マト外れ」な求人を紹介しないがモットー
★業界最大級の病院件数
★働きながら、すばやく転職
★東証二部上場

看護roo!の公式サイトへ

2位 看護のお仕事

看護のお仕事 公式サイトへ

★全国13万件以上の求人情報
★外からわかりづらい、人間関係、雰囲気など職場の内情に詳しい
★コンサルタントが代わりに待遇の交渉など行う
★転職をきめていない、情報収集のみでも登録可
★転職支援金プレゼントあり

看護のお仕事 公式サイトへ

3位 ナースフル

ナースフル 公式サイトへ

★業界最大級の求人数
★リクルートグループ会社
★選りすぐりの高給・好条件求人が多数
★科目別バリエーションが豊富
★キャリアアドバイサーのサポートで働きながらスピード転職
★1分で簡単登録

ナースフル 公式サイトへ

4位 ナースではたらこ

ナースではたらこ 公式サイトへ

★非公開求人が多数あり
★日本最大級の転職・求人サービス
★顧客満足度NO.1(楽天リサーチ調べ)
★専属コンサルタント制、転職先との交渉はおまかせ
★転職支援金プレゼントあり
★30秒でできる簡単登録

ナースではたらこ 公式サイトへ

看護師 復職 パート

ブランクがあって、しかも短時間しか働けないパートでも働ける職場があるかと不安になっている方も多くおられます。
今、看護師の数が圧倒的に不足しています。ネコの手も借りたいほどなのです。
例えば、午前中の忙しい時間帯だけでも手伝っていただけると大変助かるという病院や職場もあります。
まずは、希望条件の合う求人案件があるかどうか、調べてみるのも良いと思います。

 

求人サイトを選ぶ際に一つ基準となるのが、案件の数です。案件の数が多ければ、
それだけ希望条件の合う求人案件にめぐり会える可能性が高くなります

 

案件の多いおすすめサイトはここ
  看護師転職ナースフル

看護師 復職 求人

「最新の医療技術や知識を習得できるのか不安」
「年下のリーダーとちゃんとやっていけるのか不安」
「子供がまだ小さいので、託児所がある医療機関があれば…」

 

などなど、看護師の復職には、さまざまな乗り越えなければいけないハードルがあります。
でも、復職を支援する機関もあります。
例えば、各都道府県の看護協会では、技術や知識についての研修を行っています。
大阪府看護協会にはインターネットによる「eラーニング学習」と「病院での臨床実習」を組み合わせた潜在看護師支援サービス(ダブルオンステップ)があります。
また、医療系の人材紹介サービスのなかには、無料で医師やベテラン看護師の元で研修を受けることができる「復職支援セミナー」を定期的に開催しているところもあります。

 

看護師が復職する為のいろいろなタイプの支援システムがありますので、そういった機関を利用しつつ求職活動をされるのも良いと思います。

 

 

 


看護師 復職 再就職

資格を持ちながら、現在働いていない「潜在看護師」の数は国内に約55万人もいるといわれています。

 

そのうち約8割の方は職場への復帰を希望していますが、
多くの方は、二の足を踏んでいるのが現状です。

 

その理由は、

 

「休職している間の医療の進歩などが心配」
「自分より年下かもしれないリーダーとちゃんとやっていけるのかな?」、
「休職している間に導入された最新の医療技術や知識を習得できるのかな?」、
「子供がまだ小さいので、託児所が完備されている医療機関じゃないと…」

 

などの不安や心配で、一歩踏み出せないでいます。

 

でも、
積み重ねてきた「キャリアの経験」、人としての「年齢の経験」は、得がたいものです。
患者さんや一緒に仕事をするスタッフにもたよりにされる存在になれます。

 

 

技術や知識面の遅れについては、各都道府県の看護協会が研修を行っています。

 

例えば、
大阪府看護協会ではインターネットによる「eラーニング学習」と「病院での臨床実習」を
組み合わせた潜在看護師支援サービス(ダブルオンステップ)があります。

 

他の各都道府県でも研修などが行われていますので、さがしてみることをおすすめします。

 

また、医療機関においても、
2006年以降は7対1入院基本料の導入の影響でナースの確保が死活問題になったため
病院が感染管理・医療機器・採血・注射・心肺蘇生法・電子カルテなどの研修を行ったり、
柔軟な勤務形態を導入するなど、再チャレンジナースのサポートに協力的なところが
増えてきています。

 

復職をめざしている方の多くが利用しています人材紹介サービス(無料)のなかには、
医師やベテラン看護師の元で研修を受けることができる「復職支援セミナー」を
定期的に開催しているところもありますので、こういった機会を利用するのも良いかと思います。

 

医療の現場は、あたたの復帰を待っています。まずは1歩踏み出してみましょう。

 

すすめ人材紹介サービス(無料)はここ
  看護師転職ナースフル